パワハラ110番

正社員は保身だけ

2011年12月08日(木)AM
小池さんが契約社員と派遣社員だけで来週の金曜に送別会を開こうと言い出す。
小池「課長と一緒に飲みたくないという理由で忘年会は欠席した人も多いし、このまま派遣の子たちとお別れするのも淋しいから、一度みんなで食事にでも行きたいと思って。やっさんも行くでしょ?」
私「私は参加させてもらうけど…。ちょっと出欠表見せてよ。青田さんまだ空欄だけどどうするの?誘うの?なんか微妙じゃない?」
小池「だってあの人だけ誘わなかったらそれはそれで問題になるわよ。『あたしだけ声かけられなかったんです。イジメです。』とか騒ぎ出したら面倒なことになるじゃん。ちょっと今日中に青田さんに聞いてみてよ。たぶん欠席すると言うわよ。」
私「わかった。聞いてみる。」

 

同日午後
私「青田さん、用事があるから欠席するってさ。」
小池「さすがに空気読んだわね。まあ、出席したらそれはそれで面白いことになると思うけど。」

 

2011年12月14日(水)
夜、堺さんから電話があった。
堺「おう、記録よんだぞ。いろいろ誤解されてるなあ。」
私「すみません。携帯だから電話代が高くつくと思います。こちらからかけなおしましょうか?」
堺「そんなこと気にするなよ。そんなんだから病気になっちまうんだぞ。ところで三河さんはなんであんなこと言ったんだ?」
私「私の方が知りたいですよ。でもTさんのこと気に入ってて、私がTさんのことを誉めなかったから気に障ったんじゃないの?たぶん自分でも自覚してないと思うけど、あの人、気に入ってる人とそうでない人に対しては全然態度違ってた。何か相談しに行って前者だと仕事の手を止めて聞くのに、後者だと『悪いけどあとにして』ですよ。私以外に何人も同じようなこと言ってたし。」
堺「そういう噂は聞いたことあるな。ところで山崎さんがあんな人とは思わなかったな。ちょっと驚いたわ。」
私「私も昔はそうは思わなかったんですけどね。なんでこうなったのかと思います。」
堺「そうか。もっとも俺は山崎さんと一緒に仕事したことはないからよくわからないが。何があったにせよ、何年も前のことまで今になって言うのはちょっとなあ…。しかもわざわざパソコン広げて画面見せてまで説教するのはどうよ?昔はなんというか、それなりに人徳のある人が課長になっていたのに最近の若い課長ときたら…。この件を誰かに相談したか?」
私「保健士の石川さんに相談した。」
堺「江川さんには相談したか?」
私「無理。『山崎教の信者』みたいに言われるし(揶揄されてるし)、皆(契約・派遣社員)は『正社員は保身だけ考えてて誰も信用できない』と言ってる。」
堺「課長に何か言えるのは部長あたりだろう。土田さんのところに行ったらどうだ?柳田さんが入社した頃2課の課長だっただろ?きっと話を聞いてくれるぞ。あまり深刻な顔して行くなよ。」
私「土田さんのことは信頼も尊敬もしてるけど、私が新人だった頃に課長だったこともあって、あまり話をしたことない。そのせいか今でも話し辛い雰囲気…。石川さんは総務の藤井さんに相談しろって言ってる。昔の総務部はそうでもなかったけど、最近はこの種の問題にちゃんと対応するってニュアンスだった。」
堺「石川さんが言うんだったら確かな情報って気もするな。あと、やっさん(私の社内での愛称)以外に酷いこと言われた子たちは契約か?」
私「派遣」

堺「派遣か…。そりゃ、ちょっとやっかいだな」
私「私も派遣の経験あるから何となくわかる」
堺「本当に総務に訴えるつもりか?もしかしたら会社に居辛くなるかも知れんぞ。」
私「それでもいい。会社を辞めることになるかも知れないけどそれも覚悟している。」
堺「そうか…。やっさんも馬鹿じゃないからそれくらいのことはわかるわな。」
最後に今後どのような行動をとるにしてもよく考えた方がいい。あまり結論を急ぐな。とのアドバイスを受けて電話を終えた。

 

前へ | 次へ