パワハラ110番

知られざるパワハラの実態

あなたは、職場で明らかに「パワハラだ!」と思うような現場を見たことがありますか?
もちろんパワハラ問題が全くない会社もありますが、
深刻なパワハラが日常的に繰り返されている会社も多いんです。

 

近年では、パワハラで裁判を起こす人や、パワハラに悩まされて心を病んでしまう人、
自殺してしまう人も増えています。

 

他社ではどんな問題が発生して、どんな風に解決したのか。
前例を参考に、自分が置かれた環境を見直してみましょう。

知られざるパワハラの実態記事一覧

これがパワハラの実態だ!!

「超競争社会」とも表現される現代社会。競争に勝ち抜くために、各企業は仕事の進め方や組織の在り方の変化を強いられてきました。その弊害が如実に表れたのが雇用環境や処遇。そしてその影響は、就労者のライフスタイルや価値観にも波及してきました。結果として、職場でのストレスは倍増!格差問題や職場不適応など、企業...

≫続きを読む

 

アンケート調査結果から見るパワハラの現状

セクハラやパワハラという言葉、今では当たり前のように使われるようになりましたよね。それだけ、セクハラやパワハラといった行為が私たちの身近なところで頻繁に行われるようになった証拠…?一昔前とは雇用の在り方も変化している昨今、誰もが口を揃えて「パワハラ被害も増加している」と思いがちです。しかし、実際のと...

≫続きを読む

 

パワハラ被害者が解雇されるケースもある!

言葉による暴力を与えられたり、できもしない要求を突き付けられて精神的苦痛を与えられたり…。毎日、会社に出勤するのが辛いという方も多いことでしょう。パワハラはセクハラと違って被害を証明することが困難なため、相手や会社を訴えたところでかえって被害者自身が悔しい思いを強いられるケースも少なくありません。例...

≫続きを読む

 

パワハラ発生時、会社はどう対応してくれる?

「パワハラなんて、テレビの世界の話だ」…なんて、他人事のように感じていませんか?同様に、「うちの会社に限ってパワハラなんて起こるハズがない」なんて楽観視している人事担当者もいるかもしれません。しかし、パワハラやセクハラといった社内スキャンダルはもはや対岸の火事ではありません。パワハラやセクハラに関す...

≫続きを読む

 

教育とパワハラは紙一重

どこに会社にもある、“新人教育”。仕事のやり方、顧客との付き合い方、会社での立ち回り方…等々。新人社員にとっては、何もかもが新しいことだらけです。だからこそ、直接指導してくれる先輩社員を100%頼りにしている部分が大きいハズ。しかし、もし、その先輩社員がとんでもないパワハラ上司だったら…?「教育と称...

≫続きを読む

 

パワハラ企業にご注意★

みなさんは、“ブラック企業”という言葉をご存知でしょうか?数年前から、ネットの掲示板などでよく使われるようになった言葉です。ブラック企業とは、次のような企業(民間企業だけではなく、学校法人、社会福祉法人、官公庁や医療機関なども含む)のことを表現する言葉です。◆従業員に対して労働法やその他の法令に抵触...

≫続きを読む

 

パワハラ掲示板でストレス発散☆

世の中には、様々な職業や職場がありますよね。ゆえに、パワハラの事例も、職種や会社によって様々!あなたが会社で受けている嫌がらせと同じようなタイプのパワハラもあれば、もっとヒドイ事例もあります。「色んな職場のパワハラ事例について知りたい」「パワハラについて誰かと語り合いたい」…そんな時、Yahoo掲示...

≫続きを読む

 

パワハラ告発に伴うリスク

会社での陰湿なパワハラ被害に対抗する最後の手段が、“告発”や“告訴”。テレビや新聞でおなじみのキーワードですが、実際はどのようなことを指すのかよく分からないという方も多いでしょう。告発とは、犯人を除いた第三者が「誰がどのような犯罪を犯したのか」という“犯罪事実”と、「その相手を処罰してもらいたい」と...

≫続きを読む

 

パワハラの裁判例

今や、社会問題のひとつと言っても過言ではない“パワハラ”。職場において、上司⇒部下、同僚⇒同僚、あるいは部下⇒同僚という構図で行われる「嫌がらせ」を意味するパワハラですが、その手口は巧妙かつ陰湿にものへとエスカレートしていると言われています。パワハラ被害者の中には「うつ」などの精神疾患を発症する人も...

≫続きを読む

 

パワハラに関する統計

セクハラ、パワハラといった、職場での人間関係に関する問題がクローズアップされている昨今。中でも、職場での嫌がらせ行為である“パワハラ”は、被害者がうつ病を発症したり自殺してしまったり…と、かなり深刻な事態になるケースも少なくありません。新聞やテレビでも話題になることが多くなったこの問題。ともすれば、...

≫続きを読む